こに〜 の ざれごと

日常生活の小さな疑問や発見をアイロニカルに 綴りました… っうか単なる戯言です。

白いカレー

 

 

東京のスーパーにて…

子供の頃、四国の実家でよく食べた瀬戸内海で穫れる2つの海産品を見つけました。懐かしくなり2品とも購入しました。

 

一つが「しらす干し」です。

f:id:Conichan:20220428131036j:image

瀬戸内海で、春先から初夏にかけて獲れるいわしの稚魚です。

 

そして、「味付けのり」。
f:id:Conichan:20220428131039j:image

冬になると瀬戸内海の多くの地区で海苔の養殖が行われます。

 

 

この商品の原産地は?

しらす干しのラベルをよく見ると…

f:id:Conichan:20220429005904j:image

「瀬戸内海産」となっています。

味付け海苔の販売元も瀬戸内海に面した会社です。

 

瀬戸内海の名産売る店都内かい😝

    せとないかいのめいさんうるみせとないかい

 

 

 

はるか彼方の四国より

四国は南側を除きほぼ瀬戸内海に面しています。

f:id:Conichan:20220428211816j:image

物流の発達によって、600kmかなたの四国の海産品が都内のスーパーで購入できるようになりました。

Amazonでも発注後、早くて翌日納品なのに即日入手。

アッパレ、全能の街、東京!

 

 

食してみると…

なんだか子供の頃食べてたモノと違う食品のような味覚です。期待していた懐古の感動はありませんでした。

やはり名産品はご当地で喫食すべきなのでしょう。味が同じなら良いというものではありません。

品質に違いがなくとも、白いカレーや黒人の握った寿司に違和感があるのと同様に。

※ 特定の人種を差別しているわけではありません。似つかわしくないという趣意です。

 

 

 思い出は美しすぎて…

  段々畑と さよならするのよ

  幼い弟 行くなと泣いた

  男だったら 泣いたりせずに

  父さん母さん 大事にしてね

                   瀬戸の花嫁 / 小柳ルミ子

               (作詞:山上路夫、作曲:平尾昌晃)

 

 

たぶん、思い出が美化れてただけなのだろう…